読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばななぼーと

レンタル&中古VHSとネットラジオを愛するゆとり社会人のブログ

秋田県の銘菓「金萬」のCMがどうかしすぎているのでもっと多くの人に知ってほしい。

Youtubeを一巡し、ふとした時に見たくなる

個人的な定番動画ってありますよね。(僕だけ?)

 

僕にとってはそれが故郷、秋田のローカルCMなのですが、

それは単に懐かしいから、という理由を飛び越えて、

CMなのに全然意味がわからないものが多く、

中毒的な魅力を持っているからであると感じています。

 

今回はそんな秋田のカオスCMのなかでも、

県民なら言わずと知れた

銘菓「金萬」のCMを紹介します。

f:id:yazibee:20160830234810j:plain

 

金萬」は銘菓というわりに、

これと言って特徴もない白あんの焼き菓子なんですが、

そのCMが・・・

 

金萬」CM

www.youtube.com

 

この動画だけで3つの「金萬」のCMを見ることができますが、

まず、ひとつとして

秋田県がロケ地じゃない!

 

というか、浅草、ブラジル、スペインがロケ地の

秋田銘菓のCMってなに!!?!?!?!?!?!?

 

おまけに、何故か毎回よくわからない外国人が出てくる。

ちなみにこの浅草編の「ニジュウハチコ タベマシタ」というフレーズと、

ブラジル編の「ダメダメダメマス リコ キンマン クェロマス」という

フレーズは秋田県民が反応せずにはいられない

パンチラインなので覚えておくといいと思います。

 

あと、浅草編でサラリーマンが懐から金萬を出すのも

まったく意味が分からない!?!!?

 

他にもカオスなCMはたくさんありますが

(南大門、クスリ仁科、ブルーハウスなど)

とりあえず、金萬という銘菓のCMがどうかしているということだけでも

覚えておいてください。

web漫画「私と彼女のお泊り映画」は癒されるなぁ・・・

TwitterでTLに流れてきたweb漫画をなんとなく読んでみたら、

なかなかおもしろかったのでご紹介。

 

新潮社のweb漫画サイト「くらげバンチ」で連載中。

安田剛介先生の『私と彼女のお泊り映画』!

f:id:yazibee:20160827214223p:plain

 

女子大生の佐藤小春と黒澤麻由美は、
毎週末「お泊まりの映画鑑賞会」を開催中。
さて、今週はふたりでどんな映画を観るのやら――…。
「百合×映画」な、のんびりお泊まりストーリー♪

(公式より引用)

 

実は僕、わりと女子大生百合漫画が

ストライクゾーンど真ん中なようで、

この手の関係性に弱いです。

ただ、ここについてあんまり掘り下げると脱線しそうなので、

とりあえずそれは置いといて・・・

f:id:yazibee:20160827220210j:plain

 

単純に女の子がかわいいです。

メガネの方が小春でツインテの方が麻由美。

同じ高校の出身で現在は異なる大学に通う2人が、

習慣的に続けているお泊り映画会と、

その一日を追ったショートストーリー。

 

映画のチョイスもいい感じです。

なんか・・・こう・・・見てそう!

そんな感じの絶妙なチョイスなんですよ。

 

今のところ第六話まで公開されていますが

 

第一話「マッドマックス怒りのデスロード」

第二話「インサイドヘッド」

第三話「呪怨(劇場版)」

第四話「プリティウーマン」

第五話「グランド・イリュージョン

第六話「ムトゥ 踊るマハラジャ

 

なんかすごく、DVDで借りて見そうなチョイス!

新作、話題作、劇場公開関連策、名作をバランスよく見ていくこの感じ!

(ムトゥだけちょっと微妙かもしれないが)

こういう借り方、あるある!と、レンタルビデオ屋で

バイトしていた頃のことを思い出しました。

 

あくまでこの漫画は女子大生二人が映画を見ながら休日を過ごす漫画なので、

呪怨」が変に気取ってビデオ版にしたりすることなく、

劇場版なのも女子大生っぽくていいですね。

 

無料で読めるので、ぜひ読んでみてはいかがでしょう。

 

www.kurage-bunch.com

京都市南部のレンタルビデオ屋事情調査に行ってきた!「ビデオワン観月橋店&上鳥羽店」

レンタル&中古ビデオ情報

ノートパソコンが壊れていたので、なかなか更新できずにおりました。
というわけで、ご無沙汰しております。

趣味の「ビデオ屋巡り」も続けておりまして、
更新できずにいる間、いくつか行ったところもあったので、
今回は少しまとめて書いてみたいと思います。

  

さて、今年に入ってその存在を知った
未だにVHSの取り扱いがあるレンタルビデオチェーン
「ビデオワン」ですが、円町店と高野店の2つについては
このブログで取り上げてきました。

yazibee.hatenablog.com

yazibee.hatenablog.com

 

新潟にあるアルゴという会社が本社のようですが、
京都にはこの「ビデオワン」が5か所あり、
まだ行けていなかった3か所を制覇したいと思い、
とりあえず京都市南部にある2店舗、
観月橋店、上鳥羽店の2か所を訪ねてきました。

 

~まずは観月橋店編~

 

観月橋店はJR桃山駅が最寄りになります。
観光で来る人は近鉄や京阪の駅でこの辺にやってきますが、
このJRの駅はどちらかというと近くにあるURの桃山団地を中心とした
住宅街向けの駅になります。

円町店も近くに団地があるので、もしかすると、
それを意識して建てたのかもしれません。

歩くこと数分、観月橋店が見えてきました。

f:id:yazibee:20160826184721j:plain

f:id:yazibee:20160826185033j:plain

ここの店舗は1階が駐車場で2、3階が店舗になっていますが、
どうやら、最近改装されたようで、
3階の中古アダルトDVDコーナーに直接行けるという仕組みになっていました。

f:id:yazibee:20160826185043j:plain

 

f:id:yazibee:20160826185054j:plain

 

ですが、まぁ、とりあえずは2階から正面突破していくことにしました。

 

まず、結論から言うと、
VHSは少ないです!

 

無いわけではありませんが、
これまでの店舗に比べると、
だいぶ廃棄されてしまったのではないかなと思います。

 

f:id:yazibee:20160826185137j:plain

ただ、DVDの在庫もかなり豊富で、これまで見てきた
ビデオワンのなかでも、DVDの品ぞろえは1番かもしれません。

DVDの品ぞろえで見れば、ここが一番いいかもしれません。


特にホラーが充実しています。

f:id:yazibee:20160826185304j:plain

f:id:yazibee:20160826185323j:plain


「ガバリン」シリーズがなぜか2作目だけないのが気になります…

f:id:yazibee:20160826185337j:plain

f:id:yazibee:20160826185348j:plain

ブレインデッドもあります。

 

続いてドラマや特撮。

こちらはぼちぼちVHSがありました。

 

昔のNHK少年ドラマシリーズが充実しているのが印象的でした。

f:id:yazibee:20160826185151j:plain

 

あとはコメットさんも2種類ありました。

 

f:id:yazibee:20160826185211j:plain

 

特撮のVHSはチラホラ残っていて、
なかでも珍しかったのは「マイティレディのすべて」という一本。

f:id:yazibee:20160826185359j:plain

f:id:yazibee:20160826185410j:plain

なんとなく、こういうコスチュームヒロインもの

という世界があるのは知っていましたが、
どうやらその元祖といわれるものらしく、

大映から出されたもののようでした。

 

あとは、コンドールマン、豹の眼なんかもありました。

f:id:yazibee:20160826185432j:plain

f:id:yazibee:20160826185422j:plain

 

そんなかんじの観月橋店でした。

建物自体も古くからあるようで、

やはり、団地住まいの方々向けで且つ、

郊外の広い土地を活かした店舗になっていました。

 

ただ、なんとなく品ぞろえのチョイスもいい感じだったので、

VHSがあった頃はもっと僕好みだったんじゃないかなぁと想像しました。

 

ビデオワン観月橋

 

 

~続いて上鳥羽店~

 

せっかくなので、観月橋店を見た足で上鳥羽店へ。

 

観月橋店から近鉄の駅まで歩き、上鳥羽口駅へ。

歩くこと数分…

 

f:id:yazibee:20160826185527j:plain

 

遠くに店舗が見えてきました。

 

f:id:yazibee:20160826185559j:plain

f:id:yazibee:20160826185609j:plain

 

いままで見てきた店舗では一番小ぶり?

そんな気がしました。

 

入ってみると・・・

 

 

 

一切VHSが無い!?

 

さすがのビデオワンも全店舗VHS残っているわけではないんですね。

f:id:yazibee:20160826185620j:plain

ひたすらDVD。

 

しかし、なんだかあんまりほかのビデオ屋には無い

ラインナップが多い辺りはビデオワンだなぁと思いました。

特にアニメ。

f:id:yazibee:20160826185644j:plain

f:id:yazibee:20160826185708j:plain

f:id:yazibee:20160826185718j:plain

f:id:yazibee:20160826185729j:plain

 

そうかぁ~やっぱりVHSはもうないのか~と

店内をぶらぶらしていると、気になるものが。

f:id:yazibee:20160826185633j:plain

 

バイトの募集が貼ってありました。

どうやらレンタルビデオ屋バイトの定番ともいえる

社割レンタルもあるようです。

(ちなみに僕が昔バイトしてたところは1回のシフトで旧作1本無料でした。)

 

以上、VHSが無かったのは少し残念でしたが、

ある意味レアなものを見れたので満足しました。

上鳥羽店は住宅地からも離れており、

どちらかというと、会社帰りの人が車で寄って借りる感じの場所のようです。

 

ビデオワン上鳥羽店

 

 

以上、2店舗のレポートでした。

これで、京都府内のビデオワンは残すところ洛西店1店舗のみ!

誰得な感じのレポートですが、引き続き続けていきたいと思います。

 

京都市民はCDを借りるならTSUTAYAより右京中央図書館に行くべき!!!

タイトルが主張のすべてを表しておりますが

あえてもう一度言います。

 

京都市民はCD借りるなら

右京区図書館に行くべき!!!

 

です。

 

f:id:yazibee:20160510221843p:plain

 

まず、右京区図書館というのがどこにあるかというと、

地下鉄東西線太秦天神川」駅を上がってすぐのところにあります。

駅近なので非常に便利です。

 

京都市内にはいくつかTSUTAYAがあるのですが、

一番大きいとされる西院のTSUTAYA

正直、大きいと言ってもそんなに・・・という印象です。

どちらかというと書店の占めるスペースが大きく、

CDレンタルは普通といったところです。

 

 

では、右京区図書館はそれよりも多くのCDを取り扱っているかというと、

そうとは言い切れず、だいたいどっこいどっこいか、

若干図書館の方が少ないかもしれません。

 

では、何故、それでもおススメなのかというと、

この右京区図書館はCDの総数に対してなかなかセンスが良いのです!

 

しかも、図書館なので借りるのは無料!!!

当たり前といえば当たり前ですが、

どこもかしこも同じような物しか置いていない

TSUTAYAよりも、ちょっと珍しいものを無料で冒険できるという

楽しみがあるのでなかなかいいです。

 

どんなCDが置いているか、

ちょっとだけ一例を挙げていくと・・・

 

町田町蔵+北沢組『腹ふり』

http://blog-imgs-71.fc2.com/h/a/r/hardasarock/20150620143453876.jpg

◆たま『東京フルーツ』

平沢進『SOLAR RAY』

f:id:yazibee:20160510215011p:plain

◆デヴィット・バーン&ブライアンイーノ

 『Everything That Happens Will Happen Today』

f:id:yazibee:20160510220211p:plain

◆アートリンゼイ

 『Salt(2)』

f:id:yazibee:20160510220450p:plain

筒井康隆『文明』

f:id:yazibee:20160510220835p:plain

 

 

マニアック!

 

他にもおもしろいCDがたくさんあるので、

お近くにお住いの音楽好きは是非、一度訪れてみてください!

 

 

京都市 右京中央図書館

所在地:〒616-8104 京都府京都市右京区太秦下刑部町12
電話:075-871-5336

京都でモンド映画のVHSを借りるならここ!「VIDEO WAVE 堀川店」【2016/8/31閉店】

中京区役所の近く、堀川通りにぽつんと佇むレンタルビデオ店

「VIDEO WAVE 堀川店」(チェーンなのか不明)

f:id:yazibee:20160409120252j:plain

 

「そうそう、こういうのがレンタルビデオ屋だよな。」

そんな孤独のグルメみたいな感想を内心で呟きながら、

店の前を通るたびに入ってしまいます。

(わりとよく行っているので、昼と夜の写真が混ざってます。) 

 

f:id:yazibee:20160409120321j:plain

f:id:yazibee:20160409120334j:plain

 

軒先には中古VHS・DVDが売られています。

ただし、ここに出ているものはほとんど投げ売り状態に近い

売れそうもないものが多いです。

 

f:id:yazibee:20160409120307j:plain

 

そして、なんか妙なガチャポンがあるのがいい味を演出しています。

 

店内は2階建て。

1階はレンタルと中古(レンタル落ち)VHS・DVD、ゲーム等。

2階はアダルトになります。

 

中古ビデオはちょこちょこビデオ化されていない

物もあったりしますが、価値があるかないかでいったら

たぶん、無いものが多いです。(お笑いのビデオとか。)

 

しかし、レンタルはVHSがけっこう充実していていい感じです。

 

f:id:yazibee:20160409120227j:plain

 

何故か、海外のゴア・モンドがやたら強いです。

ジャンクシリーズとか。

f:id:yazibee:20160409120402p:plain

 

 

 

f:id:yazibee:20160409120348j:plain

 

ピーター・ジャクソン作品。

ミート・ザ・フィーブルズがあれば完ぺきでした。

 

あとは、ミニシアター系もあります。

f:id:yazibee:20160409120407j:plain

 

この辺の映画はもともとマニアックだったものの、

最近はもっぱらDVD化されがちです。

しかし、昔に貼ったと思われる「未DVD化作品!」というシールが

未だに貼られていていい味を出してます。

「本当にマニアックだったころのマニアック映画」の雰囲気が楽しめます。

ちなみに、本当に未だにDVDになってない作品もちょこちょこあります。

 

あと、写真は無いのですが。

アジアンホラーやアクションもいい感じにVHSがあります。

邦画・アニメ・特撮はDVD化されているものが大半ですが、

懐かしいパッケージが多いので、それだけでもけっこう楽しいです。

f:id:yazibee:20160409120420j:plain

田村ゆかりが主題歌を歌ってる青山剛昌短編集のOVA

たしか、DVDはコミックス完全版か何かのおまけのみだったと思います。

 

あと、2階は完全にアダルトオンリーです。

専門外なので価値がわからないので何とも言えませんが、

5000円くらいの中古VHSがけっこう置いてあったので、

もしかしたらレアなものがあるのかもしれません。

レンタルVHSもあります。

 

アダルトのレンタルは新しいものが入っていないようで、

2年くらい前ので仕入れが止まっている感じでした。

あと、昔、僕がバイトしてたレンタルビデオ屋で撮影された

AVのポスターが貼ってありました 笑

(「もしも、レンタルビデオ屋の店員がAV女優だったら」系のやつ)

 

そんなかんじです。

 

なかなかいいお店だったので、

京都の三条通り商店街を訪れた際に、

ついでに寄ってみてはいかがでしょうか?

 

【追記】

2016年8月31日に閉店しました。

詳細は下記の記事をご参照ください。

yazibee.hatenablog.com

 

WAVE 堀川店

京都府京都市中京区堀川通三条上る姉西堀川町509

 

アダルトDVDに囲まれながらもレアなVHSが!「ビデオワン高野店」

レンタル&中古ビデオ情報

最近はビデオ屋の話ばかりで飽きてきた人もいるかもしれませんが、

こういう重箱の隅を突くような記録をインターネット上に

残すというのは、何とも言えない楽しみがあるもので、

ついつい書いてしまいます。

 

そんなわけで、今回も京都のビデオ屋についてのお話です。

 

yazibee.hatenablog.com

yazibee.hatenablog.com

 

ふたつ前の記事で訪れた円町の「ビデオワン」ですが、

京都市北部に「高野店」があると聞き、

休日にぶらり、行ってきました。

 

 

f:id:yazibee:20160312130714j:plain

 

地下鉄「松ヶ崎」駅から歩くこと10分。

どちらかというと一乗寺に近いあたりに高野店はあります。

この近辺にはTSUTAYA、GEOそしてビデオインアメリカという

店舗もあり、そちらにも立ち寄ってきたのですが、

ビデオインアメリカは「ビデオ」と冠しているにもかかわらず、

VHSは一本も置いてなくて期待外れでがっかりしました。

 

f:id:yazibee:20160312130735j:plain

 

しかし、ビデオワンは外観からしてなんかもう、裏切らない感じがします!

いかにも昭和のビデオ!って感じの見た目と、

2週間レンタル可ののぼりでわくわくしながら店舗に入りました。

 

店舗に入りまずはひととおりぐるっとまわってみようと思ったのですが・・・

 

 

 

アダルトの比率髙すぎ!

 

 

いや、ぼくもビデオ屋でバイトしてたので、

アダルトの収益率の良さは知ってますが、

それにしても多い!

 

そして、境界線が無い!

 

 

気付けばアダルトにいる!

 

18禁の暖簾も無く、2階の半分と1階の奥の方という曖昧な区分けになっているので、

普通に見てたつもりがアダルトコーナーに入ってしまう!

そんな不思議な構造店舗ですが、やたらと在庫はあるのにアダルトVHSは一切無い模様。

(レアなDVDはあるのかもしれませんが、アダルトはわからないのですいません)

 

さらに、邦画にもVHSは無い模様。

 

しかし、アニメコーナーに行くと・・・

 

 

ありました!!!

 

f:id:yazibee:20160312134649j:plain

 

各棚の上段にVHSが陳列されていました。

DVDが出ているものもありますが、

未DVD化の作品もちらほら・・・

 

 

f:id:yazibee:20160312130747j:plain

 

DVD・BD化されていないOVA県立地球防衛軍」。

というか、このお店やたらとOVAが充実しています。

 

f:id:yazibee:20160312130824j:plain

 

 

 

甘い生活』で知られる弓月先生原作の『シンデレラ・エクスプレス』。

OVAの品揃えで言うならば、新宿や渋谷のTSUTAYAと互角かそれ以上と言えます。

 

続いて特撮コーナー。

 

f:id:yazibee:20160312130801j:plain

 

特撮はマニア需要も高いのでDVDが出てる作品が多いので、

この「ネズラ」もネットで買えないこともないんですが、

店舗に、しかもVHSで置いてあるのは珍しいなぁと。

 

あと、後ろにある深作欣二監督の宇宙大作戦もVHSは初めて見ました。

 

 

続いて洋画

 

VHSは「名画」と「アクション」だけが残っていました。

これといって特筆すべきものは無いかなぁ~と思ったのですが・・・

 

 

f:id:yazibee:20160312130837j:plain

 

やたら海外忍者映画が充実してる!

 

この写真に映っている桜NINJAやデスオブニンジャ以外にも、

他の棚にマイケル・ダディコフのアメリカン忍者なんかもありました。

 

もしかして、このお店は

日本で一番NINJA映画のVHSを置いているのでは!?

 

そんなかんじのビデオワン高野店でした。

 

最後にもうひとつだけ。

アダルトと邦画にVHSは無かったと先述しましたが、

 

何故か、その中間地点であるピンク映画はVHSが置いてました!

 

 

 

f:id:yazibee:20160312130657j:plain

 

気になった一本「忘八武士道」。

 

一応、DVD化されているようですが、

石井輝男監督で主演が丹波哲郎

そして、アンヌ隊員a.k.aひし美ゆり子も出てるという

いかにもカルト感満載な一本!

 

そんなわけで、あいかわらず期待を裏切らない

ビデオワンさんでした。

 

 

「ビデオワン高野店」

レンタル"ビデオ"屋はまだ存在した!?京都「ふや町映画タウン」!!

レンタル&中古ビデオ情報

1つ前に書いた「ビデオ1円町店」についての記事が、

予想以上に反響を頂けて嬉しい限りです。

yazibee.hatenablog.com

 

はてブの方でもいくつか京都のビデオ屋情報をいただいたのですが、

その中に大変興味深いコメントが

 

f:id:yazibee:20160225122326j:plain

 

ほう・・・

 

 

f:id:yazibee:20160225121558j:plain

 

というわけで行ってきました。

京都市中京区、麩屋町通りに面したビルにあるという

「ふや町映画タウン」

 

 

f:id:yazibee:20160225121545j:plain

 

ビルの中にあるとは聞いていたのですが、

なかなか見つけられず、思わず通り過ぎそうになりました。

 

 

f:id:yazibee:20160225121532j:plain

 

f:id:yazibee:20160225133832j:plain

 

看板が出ているということは営業中?

 

とりあえず、2階にあるようなのでさっそく入ってみました。

 

 

f:id:yazibee:20160225121503j:plain

 

思った以上に普通の「ビル」って感じで、

店舗が入っているような様子はあまり感じられず、

本当にここでいいのだろうかと階段を上ると・・・

 

 

f:id:yazibee:20160225121446j:plain

 

ありました!

 

というか・・・

 

めっちゃ暗いですね。

 

 

まず、廊下が暗い。

 

そして、扉が閉まっているので

本当にやっているのかどうかすらもわかりませんでした。

 

おそるおそる扉を開けると・・・

 

 

 

やっぱり暗い!

 

 

そして、電気が点いていない店内に店員さんが一人。

 

あれ、やっぱりやってないのか・・・?みたいな顔をしてたら、

「いらっしゃい」と一言声をかけてくれた。

 

 

店内には入り口入って右横に中古ビデオ。

また、左横にはビデオのパッケージのコピーのA4ファイルがずらりと並び、

そして、正面には大量のVHS棚が・・・

 

どうやらここのシステムは

ファイルを見て、借りたいビデオを告げるというシステムの模様。

 

ファイルを見てみると、

ジョン・ウォータースの「ポリエステル」(オドラマカード付)や

実相寺昭雄監督の「ラ・ヴァルス」、

サエキけんぞう主演の未DVD化作品「アンモナイトのささやきを聞いた」など、

なかなか珍しいビデオも・・・

 

というか、本当に

VHSしか置いていない!

 

しかも、その数千本。

ここまでVHSの取り扱いがあるところはもう日本には無いのでは・・・?

 

 

 

 

なにか借りて帰ろうかと思ったのですが、

ちょうどこの日、財布ではなく小銭入れだけを持って出かけていたので、

免許証が無く、会員登録できなかったため滞在時間10分でお店を後に。

 

 

いろいろとハードルは高そうですが、

機会があればまたリベンジしたいです。

 

 

ちなみに、お店に行ってからホームページがあることを知ったのですが、

どうやらこちらのお店もピンチの模様。

ふや町映画タウン

 

 

行くなら今しかない!

 

 

「ふや町映画タウン」

住所:京都市中京区麩屋町通二条下る尾張町225
   第二ふや町ビル2F