読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばななぼーと

レンタル&中古VHSとネットラジオを愛するゆとり社会人のブログ

「CiNii(サイニー)」で読める「アナニー事故」!? 論文サーチエンジンを無駄に活用!!!

皆さんは「CiNii(サイニー)」をご存じだろうか?

 

f:id:yazibee:20150217182202j:plain

 

CiNii」は国立情報学研究所が運営する学術情報データベース、

つまり、論文や紀要を探すためのサーチエンジンです。

 

このサイニーですが、実は、無料で見られる論文も掲載されており、

ちょっとした暇つぶしにはいいツールといえます。

 

僕も時折、面白そうな論文はないかと見ているのですが、

つい先日、ある紀要を発見しました。

 

それは・・・

 

 

日本腹部救急医学会雑誌

 

 

 

読んで字の通り、医療系の雑誌です。

 

文系の僕でも、ちょっとした暇つぶしにはなるかなぁと読んでいたのですが、

その中に、仰天させられた論文がありました。

 

 

 

その名も・・・

 

 

 

「石膏注入による直腸異物の一例」

 

 

 

 

もう一度言います。

 

 

 

 

 

「石膏注入による直腸異物の一例」

 

 

 

 

です!

 

 

 

 

 

石膏????

 

注入?????

 

直腸に??????

 

何ゆえ?!?!?!?!?!?

 

 

 

 

ちなみに、その論文はこちらから。PDFがあります。

石膏注入による直腸異物の1例

 

論文の要旨は以下の通りです。

 

【要旨】

*******************************

経肛門的直腸異物は、精神障害性的嗜好あるいは事故により肛門から異物が挿入され、抜去不能となったものである。

瓶類,玩具や缶の蓋などの報告例は多いが、石膏による直腸異物の本邦報告例はない。

今回、われわれは石膏を経肛門的に注入し、全身麻酔下にS状結腸に切開を加え異物を摘出した1例を経験したので、若干の文献的考察を加え報告する。

*******************************

 

まず、ここで初めて知ったのだが、

尻から取れなくなった異物は「経肛門的直腸異物」というらしい。

 

>玩具や缶の蓋などの報告例は多いが

 

多いの?!

 

>今回、われわれは石膏を経肛門的に注入し、全身麻酔下にS状結腸に切開を加え異物を摘出した1例を経験したので

 

尻に石膏が注入された例は珍しいらしい。

そりゃあ、そうか。

以下に続きを引用。

 

*************************************

症例は32歳男性、既往歴は特になし。

10年以上前より自慰行為にて肛門より液体状の石膏を注入していた。

2011年6月に液体状の石膏500mLを注入,排出困難のために当院救急外来受診した。

*************************************

 

石膏を注入したのはどうやら男性らしい。

ていうか、10年以上前からこんなことをやってたのかこの人・・・

固まってからひりだすということなのだろうか?

うーん、未知の世界だ。500ml・・・

 

*************************************

血液検査では炎症反応の高値を、腹部CTでは直腸からS状結腸におよぶ高吸収体を認めた。

石膏注入後約15時間後に全身麻酔下に経肛門的に摘出を試みたが不可能であり、開腹手術へと移行した。

開腹して腹腔内よりS状結腸の異物を肛門側に押し出そうとしたが押し出せず、S状結腸に切開を加え18×6×6cmの石膏を摘出した。

************************************

 

どうやら、尻に入れた石膏が出なくなった時は

全身麻酔までしないといけない大手術を要するらしい。

18×6×6cmの石膏ということは、かなりの重さでは?

歩くこともできなそうだし、救急車で運ばれたのだろうか・・・

 

**************************************

直腸粘膜の損傷を認めたために低位前方切除術を施行した。

術後経過は良好で第11病日に退院した。

**************************************

 

よかった・・・

無事退院出来たようだ。

 

この論文について更に詳しく知りたい方は、

上のリンクから論文にアクセスしてください。

 

 

そんなわけで、こんな論文ばかりが載っているわけではありませんが、

いいかんじの暇つぶしになるので、

皆さんも是非、「CiNii(サイニー)」を活用してください!

 

そして、くれぐれも石膏アナニーにはご注意!!!!!