読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばななぼーと

レンタル&中古VHSとネットラジオを愛するゆとり社会人のブログ

声優が歌うパンク「パンコレ」とは何だったのか・・・

声優による名曲カバー盤というのは、

これまでに何枚も出てきました。

 

その中でも、いくつか評判が高かったものを挙げるなら・・・

 

夏のあらし! キャラクターソングアルバム


Amazon.co.jp: TVサントラ, 嵐山小夜子(白石涼子), 八坂一(三瓶由布子), 上賀茂潤(小見川千明), マスター(生天目仁美), カヤ(名塚佳織), グラサン(安元洋貴), やよゐ(野中藍), 加奈子(堀江由衣) : 夏のあらし! キャラクターソングアルバム - 音楽

 

キャラクターソングアルバム オトギソングス BEST10


Amazon.co.jp: TVサントラ, 大神涼子(伊藤静), 赤井林檎(伊藤かな恵), 宇佐見美々(釘宮理恵), マジョーリカ・ル・フェイ(こやまきみこ), 浦島太郎(浅沼晋太郎), 竜宮乙姫(豊崎愛生), 桐木アリス(堀江由衣), 桐木リスト(野島裕史), 鶴ヶ谷おつう(川澄綾子), 森野亮士(入野自由) : キャラクターソングアルバム オトギソングス BEST10 - 音楽

 

「神のみぞ知るセカイ」キャラクター・カバーALBUM~選曲:若木民喜

Amazon.co.jp: (キャラクター・カバーCD) : 「神のみぞ知るセカイ」キャラクター・カバーALBUM~選曲:若木民喜 - 音楽

http://ecx.images-amazon.com/images/I/611rezYn1sL._SX425_.jpg


Amazon.co.jp: TVサントラ, 紀田正臣(宮野真守), 平和島静雄(小野大輔), 竜ヶ峰帝人(豊永利行), 門田京平(中村悠一), 園原杏里(花澤香菜), 岸谷新羅(福山潤), 折原臨也(神谷浩史), セルティ・ストゥルルソン(沢城みゆき), 聖辺ルリ(藤田咲) : デュラララッピング!!-デュラララ!!キャラクターソングコレクション- - 音楽

 

 

こんなところでしょうか。

 

実感としても、2010年ぐらいからこの手のCDが増え始めたように思います。

ちょうどその頃から、J-POPの方でも過去の名曲カバー盤や

オムニバス盤が売れるようになっていたので、

それに便乗した形だったのかもしれません。

 

 

しかし、このようなカバー盤が出てくるよりもちょっと前に、

何とも言えない珍盤が出てきました。

 

それは・・・

 

 

 

「パンコレ」

 

 

 

という2009年2月発売のCDです。

 

パンコレ~voice actresses’legendary punk songs collection~


Amazon.co.jp: オムニバス, 門脇舞以, 田中理恵, 後藤邑子, 桃井はるこ, 清水香里, 池澤春菜 : パンコレ~voice actresses’legendary punk songs collection~ - 音楽

 

 

先に挙げたCDは全てアニメの企画盤でしたが、

このCDはまったくのオリジナル企画でした。

 

参加声優もそれなりに豪華なうえに、

レーベルも何故かエイベックスという業界大手。

 

池澤春菜門脇舞以後藤邑子清水香里田中理恵桃井はるこなど、

それなりに名の知れた声優陣が、グリーンデイや、セックス・ピストルズ

クラッシュ、ラモーンズニルヴァーナといったレジェンドクラスのバンドの

名曲をカバーするというもの。

 

名曲オムニバス盤ブームに対し、エイベックスが先見の明を以て、

クールjapanをアピールしようとしたのかは定かではありませんが、

この企画を知った当時、率直に感じたのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売れるのかこれ?

 

 

ということでした。

 

 

まず、ジャケット絵が絶望的にダサい。

というか、ヘタクs(ry

 

しかし、案外バンドマンにはオタクも多い(実体験に基づく偏見)ので、

アニメ・声優好きでパンクロック好きな人も納得できるクオリティの楽曲だったらいけるのかも…?

そう思いながら、試聴をクリックすると・・・

 

 


後藤邑子 - Smells Like Teen Spirit - YouTube

 

 

ピアノから始まってる・・・

しかも、なんか穏やかというか、

原曲のエモーショナルな感じは一切削ぎ落として

みくるちゃんボイスで歌っている・・・

 

 

 


Nirvana - Smells Like Teen Spirit - YouTube

 

 

カート・コバーンもびっくりのカバー。

では、他の曲はというと・・・

 


田中理恵 - Anarchy in The U.K. - YouTube


The Sex Pistols - Anarchy In The U.K (official video) - YouTube

 

 

お、おだやか~~~~

 

 


清水香里 - Blitzkrieg Bop - YouTube


The Ramones - Blitzkrieg Bop (Live) - YouTube

 

なんかめっちゃキラキラしてる~~~~~~~~

へい!ほー!れっつごー!

 

 

 

 

 

 

 

いいかげんにしてッッッッッッッ!!?????!!!!!!!!!!!!!!!!!!!??????!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

なんだこれは!

全然パンクじゃないだろ!!!!!!!!!!!!!!!

いいか、パンクっていうのはなぁ!

パンクっていうのはなぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

と、ここまで煽られたところで、

ふと、頭に浮かんだのは次の言葉でした。

 

「Punk Is Attitude, Not Style(パンクは姿勢であり、スタイルではない。)」

by ジョー・ストラマー (The Clash)

 

 

そうだ、パンクは「こうあるべき」を破壊するものだった。

けっして、先人の真似を重ね、枠に押し込めるものではない。

 

そうだ・・・

「萌え」もそうなのか。

 

 

ツンデレ幼馴染お嬢様や眼鏡巨乳委員長みたいな、

消費されつくした属性に押し込めたキャラクターに対し、

安直に「萌え」という言葉を使ってしまうことへのアンチテーゼなのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうパンコレ!

そうか、そういうことだったのか!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

と、ここまで至って満足し、

試聴だけで買うことはありませんでした 笑

もちろん、このCDも全然売れませんでしたとさ。