読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばななぼーと

レンタル&中古VHSとネットラジオを愛するゆとり社会人のブログ

おぼえてる者はいないのか!~記憶の片隅にあるTVドラマを書き綴ってみる~

つい最近まで、その存在すら忘れていたのですが、

小学校1年か2年生くらいの頃に、奇妙なTVドラマがやっていました。

 

僕が小学校1、2年の頃といえば、1997~1998年頃のことです。

まだ子供だったので夜更かしはせず、21時頃にはだいたい寝ていたので、

それより前の時間帯でやっていたのではないかと思います。

 

ストーリーはほとんど覚えていなかったのですが、

部分的に思い出せるところがいくつかありました。

 

まず・・・

 

◆主人公はOLだった。

◆何故か主人公の持っていたおもちゃが意志を持って動き始めた。

◆そのおもちゃは毛むくじゃらだった。

◆しかも、なんか気持ち悪かった。

◆しかし、おもちゃは不思議な力で毎回主人公を助けた。

◆最終回でおもちゃは動かなくなった。

 

あと、そのおもちゃがブースカの弟のチャメゴンに

似ていたということも憶えています。

 

http://pds.exblog.jp/pds/1/201210/02/14/c0200314_23334467.jpg

右がチャメゴン。

平成生まれの僕にとって「怪獣ブースカ」は世代ではないですが、

怪獣オタクだったので、そのおもちゃを見て

「なんだかチャメゴンみたいだなぁ」と思ったのを憶えています。

 

しかし、考えてみると変な話ですね。

なんでいい年したOLおもちゃを持っていたのか。

いろいろと疑問が残るんですが、もう何年も前のことなので、

記憶も定かではないです。

 

しかし、ヒントはもう少しありました。

僕は当時、秋田県に住んでいたのですが、

秋田県は民放がフジ、テレ朝、日テレの3局系列しか映らなかったので、

そのドラマがTBSやテレ東系列の番組であった可能性は極めて低いのです。

 

あと、その最終回を見たのが、いとこの家に居る時だったということも憶えています

僕の実家では、親戚周りをするのがお盆の8月14日か、新年の1月2日なので、

おそらく、その日が放送日である可能性は極めて高いはずなのです。

そして、更に考えてみると、1月2日にドラマがやっているとは、

あんまり考えにくいので、8月の方が可能性としては高いということも見えてきます。

 

あと、先に言っておくと、これは「スモール・ソルジャーズ」ではありません。

たしかこの映画もそのくらいの時期だったと思いますが、

これはこれでおもちゃが動く映画としてはっきりと覚えています。

(コロコロコミックで漫画がやってた。)

トイストーリーもこの頃だったと思うので、

おもちゃが意志を持つというのが流行っていた時期だったのかもしれないですね。

しかし!そもそも僕が見たのは映画ではなく、そして海外の作品でもない!

日本のテレビドラマだったのです。

 

しかし、そんなこんな中途半端に情報はあるものの、

思い出せないまま、気づけば18年近く経っていました。

思い出せないというか、ぶっちゃけ、そんなに思い出す気もなかったのですが、

頭の中でずっと「あぁ、そういえばなんかこんなのあった・・・」と

思い続けてきた作品でした。

 

そして、つい最近。

ふと思い立ち、思い出せる限りの情報をあげ、

一度、本気で調べてみました。

 

すると、さすがインターネット。

なんだかんだ情報が出てきました。

 

おそらくこれだったんじゃないかというのは、

見えてきたのですが、しかし、自信を持って「これだ!」とは言えませんでした。

 

一応、暫定的な正解は

 

 

木曜の怪談「魔法じかけのフウ」

 

という作品です。

 

なぜこの作品だと断言できないかというと、

あまりにも情報が少ないからです。

 

以下にall cinemaのデータベースを引用します。

 

******************************

木曜の怪談’97 魔法じかけのフウ(1997)

放映日 1997/07/03~1997/08/14
放映時間 19:54~20:54
放映曜日 木曜日
放映局 フジテレビ
製作国 日本

******************************

 

Wikipediaに掲載されているストーリーも引用します。

******************************

大手会社『ハッピーカンパニー』のおもちゃ部門に勤める夢野あすかは、

新商品のアイデアとしてフウというキャラクターを発案する。

しかし、そのフウに命が宿り、あすかが描いたイラストの中から飛び出した。

不思議な力を持つフウは、あすかの為に様々な事件を解決する。

******************************

 

情報としては見事にドンピシャです。

OLはおもちゃ会社の社員だったのです。

そして、最終回が8月14日というのが個人的には決め手となりました。

 

しかし、それでもまだ自信が持てないのには理由があります。

 

それは何かというと、この情報過多の時代なのに、

この作品に関してロクに写真や画像が残っていないのです。

 

私が調べた限り、インターネット上にある「魔法じかけのフウ」の

画像はこの1枚だけ。

 

たしかにチャメゴンやブースカ系ではあるんですが、

なんか、記憶の中だともっと気持ち悪かったような気がするんですよね。

 

また、木曜の怪談シリーズはいくつかVHS化されているものもあるのですが、

この作品に関しては一切メディア化されておりません。

(それなのに、何故かサントラはあるみたいですが・・・)

 

もしかすると、幼少期の記憶なので、

多少は記憶違いがあるのかもしれませんが、

今一つ、納得できないのはこの作品を見て

「奇妙だ」と思った記憶が残っていることなのです。

 

もし、この作品がそうであったならば、

僕は何故そう思ったのか。真相を確かめるには、

やはりもう一度この目でこの作品を見てみたいと思うのですが、

現状ではどうやっても見ることが出来ないので、

とりあえず、今こうしてブログに書いてみることで、

憶えている人がいたら情報を頂けると幸いです。

(はてぶのコメントかTwitterのリプでください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ~、なんかもっと気持ち悪かったような気がするんだよなぁ・・・