ばななぼーと

レンタル&中古VHSとネットラジオを愛するゆとり社会人のブログ

仙台と万能感

 2008年、高校3年生の夏休みに仙台の予備校に夏期講習を受けるために1週間ほど仙台に滞在したことがありました。秋田の実家の最寄りの道の駅から高速バスに乗って仙台駅前に行き、1泊2000円の激安宿に連泊して予備校に通っていました。

 

f:id:yazibee:20200105235129j:image

 

 おそらく、都会に住んでいる人にこの感覚はなかなかわからないかもしれませんが、僕の実家の近辺は塾どころか田んぼ以外の何かが存在しているだけで奇跡と言えるような田舎だったので、長期休暇を活かして仙台の予備校に行くことは特段珍しいことではなく、同級生にも何人もそういう人がいました。


 しかし、当時ボンクラ学生だった僕は、予備校に勉強をしに行くというよりも、田舎を離れ、都会で自由気ままに暮らすことが出来ることに夢見ていたのだと思います。講習日の前日に仙台に着くと、僕はその足で仙台駅から仙石線に乗り、石巻にある石ノ森章太郎萬画館を訪れ、早速遊び惚けていました。


 そして翌日、仙台駅を西口から東口へ通り抜け予備校へ。何故か毎日朝早く出過ぎて、駅構内のお土産コーナーで笹かまやずんだを試食して時間をつぶしていました。講習が始まると9:00から17:00まではキチンと受け、空き時間は予備校で自習していました。やるべきことはしっかりとこなしつつも、17:00になるとキッパリと勉強をやめ、街へと繰り出す日々を過ごしていました。

 

f:id:yazibee:20200105235217j:plain

 

 生まれて初めて見る「LOFT」にテンションあがる田舎者。訳も無く、色んな種類のヘアワックスが売っていることに興奮した記憶があります。あと、地元では気軽に行くことが出来ない楽器屋やレコード屋を冷かしたりしていました。「メロンブックス」や「とらのあな」といったオタクショップも初めて訪れたのもこの時だったと思います。

 

f:id:yazibee:20200105235211j:plain

 

 そして、極めつけはそれまで体験したことが無かった「駅ビル」という概念。しかも「エスパル」と「パルコ」と百貨店が2つも。しかし、モノは溢れるほどあるというのに、おしゃれすぎて何を買っていいかわからなすぎる田舎者ゆえの悲しさ。あまりにも住む世界が違うなぁと思いながら束の間の仙台での日々を過ごしました。


 そんなわけで、田舎に住んでいた頃の自分にとって仙台の街は最も近い「都会」だったわけでした。今となってはもう、東京どころか、大阪、京都、神戸、岡山、広島、松山など、日本各地の都会も見てきているので、仙台に対して特別「都会だなぁ」と思うことも無くなりました。

 
 しかし、今日、帰省の道中で久しぶりに仙台に立ち寄ってみて、自分の暮らしている周りのこと以外何にも知らなかったあの頃の自分が少しだけ懐かしく思い返されました。

 

f:id:yazibee:20200105235251j:plain

 高校生の頃に滞在した時には工事していた仙台駅の東口もきれいに整っており、通っていた予備校も閉講して居抜きで大学のキャンパスになっているなど、時代の流れの中で街並みは変わっていましたが、若いころに感じた仙台の街の中なら何でもできてしまうような懐かしい万能感が思い起こされました。

 

f:id:yazibee:20200105235303j:plain

 

 そんな2020年の年明けでした。皆様、今年もよろしくお願いします。